TOP
ご利用の流れ(設置・購入事例)
ヤマミズが選ばれてきた理由 歴史と伝統、 製品の信頼・・・製品紹介 目的・用途で選べるご利用の流れ 給茶機の導入を ご検討の皆様へ

HOME > 導入・保守について > ご利用の流れ(設置・購入事例)

弊社製品導入までの流れ

一般的な例として、弊社製品の導入から設置までの流れをご紹介致します。

STEP1ご要望・ご質問の
ヒアリング
お客様が飲みたい飲料は?導入に際しての費用は?設置後は何をしたら良い?等のご要望・ご質問に対して、分かりやすく説明させて頂きます。
また、設置環境(水回り)を確認させて頂き、お客様に最適な機種を選定いたします。
STEP2お見積書の提出
および導入ご検討
お見積書の提出およびリース手続き等の説明を実施いたします。導入のご検討をお願いいたします。
STEP3設置および
フォロー
設置導入に際しては、取り扱い説明まで親切丁寧に実施いたします。
また設置後は、アフターフォローもさせて頂きます。

ご購入事例

事例A

導入製品パウダー機 BHK370

導入に至った経緯
  • すでに給茶機は使っていたが、茶葉機のため茶殻のゴミが大きな問題だった
  • 夏は、冷たい麦茶が飲みたい。
導入後の評価・効果

茶殻のゴミが無くなっただけでなく、アイスコーヒーも飲めるようになった。


STEP1ヒアリング 【現状給茶機の問題とご要望】
  • 現在ご使用の茶葉機の茶殻のゴミが衛生面や手間の面で問題になっている。
  • 「夏は冷たい麦茶が飲みたい」等、季節や好みに応じた飲み物が飲めないか?
STEP2ご検討 【一番需要のあるパウダー機BHK370をご提案】
茶殻(生ごみ)がなくなる事と、お手入れが簡単な点も気にいって頂き、導入して頂きました。勿論お茶の味にもご納得されていました。
STEP3フォロー 導入後に「手入れの時間が大幅に減ったし、冷たいお茶やアイスコーヒーが手軽に飲めて便利だけど、もっと他に美味しい煎茶とかは無いの?」とのご要望を頂きました。豊富な粉末原料を取り揃えていますので、お好みのブレンド(味・風味)のお茶を改めて選んで頂きました。機種だけでなく、飲み物の種類や味のバリエーションにも満足して頂いています。

事例B

導入製品粉砕機 BHF170

導入に至った経緯

社員食堂を運営しているが、運営費でまかなえる給茶機を導入したい。

導入後の評価・効果

コストパフォーマンスが優れているだけでなく、味にも満足。

STEP1ヒアリング 【新規導入をご検討中】
  • 社員食堂の運営費内でまかなえるコストであること
  • 社員食堂で使用する為、使い易くて、社員を待たせない機種をご要望
STEP2ご検討 【食堂向けのBHF170をご提案】
シンプルな機能(お茶・お湯・冷水)ながら、お茶の抽出速度が速く、ランニングコストも優れているので、食堂等にマッチします。(消費電力35%カット、より少ない原料での抽出機能)いくつかの候補の中からご検討の結果、この機種を導入して頂きました。
STEP3フォロー 導入後、低コストと抽出スピードに大満足だが、お茶ののど越しがザラザラ感じるのはなぜ?とのお問い合わせがありました。
それが、粉砕機の特徴で、水に溶けないお茶本来の栄養分までも無駄なく飲み干す事ができ、健康にも良い事をご説明しました。納得して頂き、体に良い事も良く理解して頂いた上で、毎日お茶を飲んで頂いております。
お問い合わせ
お電話によるお問い合わせ
製品・サービスお問い合わせ 03-3839-1081 修理受付フリーダイヤル 0120-128-205
メールによるお問い合わせ
お問い合わせフォームはこちら